ニードル脱毛のメリットとデメリット

昔の主流・・ニードル脱毛・・今は

永久脱毛と言えばニードル脱毛という程で、レーザーや光脱毛と違い、一度施術すれば永久的に毛が生えてこないのがニードル脱毛の良い所です。

 

ニードルとは針の事を意味し、電気針を毛穴に刺して微量な電流を流します。

 

そして毛乳頭(毛母細胞)を破壊し、完全に脱毛するのです。

 

十数年前まではニードル脱毛が主流で、有名女優が数百万円かけてニードル脱毛をしたという記事を見た事もあります。

 

 

しかし近年ではレーザー脱毛や光脱毛の普及が目立ち、ニードル脱毛が選択肢から外れつつあります。

 

 

ニードル脱毛の施術が可能であるスタッフも少なくなっているそうです。それでも脱毛サロンでの光脱毛で期待通りの結果が得られなかった人や、長期間に渡っての脱毛を好まない人、抑毛・減毛と言った中途半端な脱毛は嫌だという人の為に、未だにニードル脱毛を実施している医療機関は存在しています。

 

 

ニードル脱毛のメリット

ニードル脱毛のメリットですが、何といっても唯一の永久脱毛方法だという点です。先程も述べましたが、レーザー脱毛や光脱毛の最終到達点はムダ毛が気にならなくなる程度です。この感じ方には個人差があり、産毛程度ならムダ毛が生えていてもOKという人ならレーザー・光脱毛でも問題ありませんが、産毛1本でも気になる!という人は、確実性からニードル脱毛が向いていると考えられます。エステでの光脱毛に足しげく通い、やっとムダ毛がなくなったと喜んだのもつかの間、数年後にまた生えてくる場合もあります。確実性を望むならニードル脱毛に軍配が上がるでしょう。他にも、日焼けした肌やシミがある肌にレーザー・光脱毛は向きません。理由は、黒いメラニン色素に反応させるのがレーザー・光
脱毛で、射的時にメラニン色素が光のエネルギーで高熱になる原理を利用します。日焼けした肌、シミのある肌に反応し、火傷のリスクが高まる危険性があります。一方で光の射的範囲がずれ、脱毛効果が表れない事もあるのです。もう1つ、産毛など細く薄い毛に対して反応が薄いのがレーザー・光脱毛です。一方でニードル脱毛なら、これらの毛でも確実に脱毛出来ます。

 

ニードル脱毛のデメリット

ニードル脱毛のデメリットですが、やはり痛みが強い点が挙げられます。毛穴に針を刺して電気を通す訳ですから、痛みが無い筈はありません。更に施術する人のテクニックによって随分左右されるとあり、耐えられなかったらどうしよう・・との思いが強くなります。結果的に諦めてレーザーや光脱毛に落ち着くケースが多いです。価格でのデメリットも大きいです。ワキでも数万円ではきかないとの噂もあり、医療機関によって設定金額も様々です。1本いくらで計算する医療機関や、各部位で料金設定している医療機関もあります。が、どれも料金が高いのは同じです。エステでのワキ脱毛だと千円以下で通いたい放題ですので、どうしても脱毛サロンに人気が流れがちになります。時間が掛かる事もネックです
。1回の施術で大体2〜3時間、その間痛みに耐える事となります。せっかく契約したのに途中で挫折する人も少なくありません。他にも、ニードル脱毛は熟練した技術が必要な為、医療機関選びを慎重に行わなければいけません。良いと評判の医療機関でもスタッフによって当たりはずれが大きい事が挙げられます。身体に針を入れる為、内出血や火傷、傷が化膿して炎症を起こすなど、様々なトラブルが考えられます。レーザー・光脱毛だとトラブルがないかといえばそうではないですが、ニードル脱毛の方がトラブルが深刻化するケースが目立ちます。

 

 

人気がなくなりつつあるニードル脱毛ですが、レーザー・光脱毛とは違うメリットの存在もある様です。メリットとデメリットをしっかり見極め、自分がニードル脱毛に向いているか良く考えて下さい。