家庭用の脱毛器って効果あるの?

脱毛エステへ通いにくい人へ

大手家電量販店や通販で、家庭用脱毛器が売り出されています。家庭用脱毛器の前で足を止める人は多く、私も気になった1人です。だって家庭でムダ毛を脱毛出来るなんて、いいじゃないですか。

 

 

エステでの脱毛や医療脱毛の場合、事前に予約して通う事になります。指定の日にちや時間に遅れないのはマナーですし、もし生理などで日にちを変更する場合、人気のサロンだと数ヶ月後の予約しか取れないなんて事態も有り得ます。

 

 

予約に合わせて赴く訳ですから、服装やメイクにも気を使います。脱毛の為だけに外出って、案外億劫になるものです。

 

 

しかも契約した箇所が終了すればそれまでですから、もし違う箇所を追加で希望すればまたお金が掛かります。思い切って全身脱毛を契約するのも良いですが、それ
なりの金額を覚悟するしかりません。

 

 

一方で家庭用脱毛器なら、1度購入すれば半永久的に脱毛可能です。専用のカートリッジが必要になるケースもありますが、それでも最初にお金を負担して購入してしまえば、大きな追加料金なしで脱毛出来ます。そして予約がいらず自分のペースで脱毛出来るのも、かなりの魅力です。

 

 

脱毛サロンの予約を気にして自分の予定を立てる必要なんてありませんから、寝る前にスッピン&パジャマ姿で気楽に脱毛って事も可能になります。

 

 

衛生面こそ気を付ける必要があるものの、家庭用脱毛器を家族間などでで共有する事も可能です。母と娘で共用する、妻と夫で共有する。夫が脱毛?って思いがちですが、脱毛機器によりけりではあるものの、ヒゲ脱毛にも効果を発揮する機器があります。

 

 

 

毎日の髭剃りに嫌気がさしている男性は多く、脱毛サロンに興味を持つ男性は増えています。しかし男性のムダ毛は濃く太いですから、女性の感覚で脱毛サロンに契約しても、思うような効果が出ない事があります。それなら家庭用脱毛器で、自分のペースでヒゲを少しでも薄く柔らかくしよう。そう思い立つ男性が増えています。

 

 

 

最近では多くの脱毛サロンがデリケートゾーンの脱毛を推奨しており、VIOラインの脱毛もメジャーになってきました。夏にムダ毛を気にする事なくビキニを着たい。そんな女性の願いを叶えてくれるのが、VIOラインの脱毛です。しかし脱毛サロンでこの部位を処理するには勇気が必要です。Vラインのみならともかく、IラインやOラインの脱毛は恥ずかしいものです。

 

 

痛みも強く、どうしても人任せに出来ない部位になります。だったらこの部位は自分で処理すれば良いと思い立つ女性は多く、毛抜きやカミソリより脱毛効果のある家庭用脱毛器を使用するのです。この様に、家庭用脱毛器は魅力的な内容が盛り沢山だとう事が分かります。

 

家庭用脱毛器が欲しくなるけど効果は・・

こうなると、もう家庭用脱毛器を購入したくなりますね。

 

しかし問題なのは、家庭用脱毛の効果です。家電量販店や公式サイトなどで家庭用脱毛器をチェックしてみると、結構なお値段なのが分かります。

 

この値段を出して購入し、万が一効果がなかったら最悪です。

 

 

家庭用脱毛器は数多く出回っており全ての脱毛器に同じ事が言えるとは言い難いものの、「効果」のみに焦点を当てると・・効果はあります。しかしこの「効果」を、利用者なりにどう捉えるかが問題なのです。

 

 

先程も記載しましたが、家庭用脱毛器を一回買えばそれで良いという訳ではありません。多くの家庭用脱毛器には専用のカートリッジが付属されており、カートリッジがなくなれば交換する必要があります。“1個のカートリッジで約20万発照射”なんて記載してあったりしますが、家庭用脱毛器は照射する範囲が狭いです。

 

 

案外すぐに消費してしまうかもしれません。ですから、よく「専用カートリッジ4個付き」などで最初から販売しているのです。そして照射する範囲が狭いという事は、効果を発揮するまでに時間が掛かると考えられます。

 

 

家庭用脱毛器で全身脱毛を・・・と考えている場合、かなりの日数と疲労が予想されるでしょう。夜寝る前にパジャマ姿で気楽に脱毛♪なんて思っても、淡々と脱毛しているうちに眠くなるかもしれません。他に家庭用脱毛器のデメリットとして、背中など手が届かない箇所は脱毛が難しいです。

 

 

家族に照射してもらう事も可能ですが、一人で気ままに脱毛というコンセプトからは除外するしかありません。そしてエステでの脱毛だったら、嫌でも通う気になります。だって契約してお金を支払っていますからね。一方で家庭用脱毛器の場合、途中で断念する事が懸念されます。

 

 

 

またいつでも再開できるという考えで脱毛をやめてしまい、そのままタンスの肥やしになるケースが多いです。エステでの脱毛だと、通うのこそ面倒なものの、一旦部屋へ入れば寝転んでいるだけでOK。あとはプロに任せれば良いので気楽です。

 

家庭用脱毛器の効果のみに焦点を当てる筈が、メリット・デメリットを浮き彫りにする形になってしまいました。

 

 

まとめると、家庭用脱毛器の「効果」のみを考えれば「効果はアリ」。しかし様々な条件やデメリットがある事を頭に入れておくことが重要です。安易に買って後で後悔する人は多く、その後、結局脱毛サロンで契約したなんて話も聞きました。後悔しない様、しっかりと考えて決断したいものです。