色々な無駄毛の自己処理方法

親の承諾を得ずに脱毛出来る20歳を迎え、待ち望んでいた脱毛サロンと契約しました。

 

それはもう嬉しくて嬉しくて、ついに自己処理の毎日から抜け出せると思うと、涙が出る位の気持ちでした。

 

元々毛深くて悩んでいた私にとって、ムダ毛の自己処理は本当に大変な作業でした。

 

ありとあらゆる自己処理を試し、良いと話題のカミソリやシェーバーは絶対に手に入れ、かなりの時間とお金をつぎ込んだ私です。そんな私のこれまでのムダ毛自己処理方法を、ここでざっとまとめてみました。

 

【T字カミソリ】

ムダ毛の自己処理で、誰もが必ずと言って良いほど使用するのがT字カミソリです。私が初めて自己処理をしたのは中学生の頃ですが、思春期だった為に親に自己処理の事実を知られたくなくて、お風呂場に置いてあった父親のT字カミソリを使用していました。当時のT字カミソリの刃が悪かったのか、それとも自分のカミソリの使用方法が悪かったのか(どっちもか・・)、とにかく良く出血していました。肌荒れもしてしまい、それでも母に言い出せず、母愛用の“ニベア”を塗り込んでいました。ある時母が、ニベアの残量があまりに少ない事を不審に思い、私に問い詰めてきました。きっと私の入浴時間が長いのも不審に思ったと思います。絆創膏の減りも尋常じゃなく早く、これらの事からもしかして・・と思った母。私に問い詰めてきましたが、その口調が優しかったのが救いでした。そしてやっと自己処理の辛さを打ち明け、父のT字カミソリを使う日々は終止符を打ちました。

 

母にムダ毛の自己処理を打ち明けてから、やっと大っぴらにムダ毛処理が出来る様になりました。それだけでも嬉しい事ですが、母が私をドラッグストアに連れて行ってくれました。いつまでも父のヒゲ剃り用T字カミソリを使うのは良くないと、レディース用T字カミソリを買ってくれたのです。レディース用のカミソリがこんなにも沢山ある事に驚き、デザインの可愛さに驚き、実際買って使用感にも驚きました。グリップの持ちやすさは歴然ですし、うっかり皮膚を切ってしまわない様、安全ガードが付いているのです。この話はもう10年近く前ですから、現在のT字カミソリはもっともっと進化しています。360度ヘッドが自由に動くものが特に人気です。

 

【電気シェーバー】

お父さんが毎朝鏡の前でヒゲを電気シェーバーで剃っている光景を今でも覚えているのですが、あの電気シェーバーの女性版があります。男性の様に“○枚刃”なんて深剃り技術を追求するものはないのですが、とにかく肌に優しく男性のシェーバーよりもシンプルな作りです。深剃りしないのでムダ毛が気になるのが早く、頻繁に使用しなければいけません。しかしその分肌への負担が少なく、T字カミソリの様に失敗というリスクも最小限に抑える事が出来ます。

 

私は、脱毛サロンに通う前まで母が買ってくれたT字カミソリを使ってきました。レディースシェーバーは使った事がなく、実際使ったのは脱毛サロンに行ってからです。この時代は施術前にスタッフさんがシェーバーで剃ってくれたので、その際に初めて使用感を実感したのです。感想は・・非常に良い!浅剃りだけど、肌への負担が皆無!もっと前からシェーバーの存在を知っていたら、私の自己処理人生はもう少し明るいものだったかもしれません。そして結局、脱毛終了後にレディースシェーバーを購入しました。理由はちょろっと産毛程度のムダ毛が生えてきた際に、ささっと処理する為です。たまにしか使わないのでコンパクトな物を選び、電池式にしました。充電式のレディースシェーバーもあります。

 

【毛抜き】

カミソリでのワキムダ毛処理が難しく、コツコツ毛抜きで頑張った事もあります。しかしこれが重労働で、置き鏡でワキを映して手を挙げ、1本ずつムダ毛を抜いていきます。肩は凝るし首は痛くなるし、そして肌は鳥肌状態になって埋没毛も発生します。ティッシュの一面に広がった処理後のムダ毛をふと見て、何だか悲しくなった思いは今も忘れません。高校の頃はテスト期間中もワキのムダ毛処理に余念がなく、集中すると1時間なんてあっという間に過ぎるので、かなり時間を無駄にしたと思います。

 

【脱毛クリーム・ムース】

ドラッグストアで売っており、母に内緒で自分で買って使用した事があります。1液と2液を混ぜるだとか、パッチテストを事前にするだとか、かなり面倒ではあります。うまくいけば綺麗に脱毛出来ますが、結局特殊な液で毛を溶かすものですから、肌への負担は大きいです。毎回する訳にもいかず、結局2回使用しただけでした。母が家に帰ってくると脱毛クリームの臭いに気付き、結局ばれました。コスト面を考えても常用するのは難しいと思います。

 

【脱毛ワックス】

私が利用したタイプは、ワックス液を作って脱毛したい箇所に塗り、液が乾いてカチカチになったら一気に剥がすという物でした。つまり結局は毛を抜く行為であります。一気にベリッとする瞬間はとても怖く、まるでコントです。そして実際にとても痛いです。慣れれば・・どうなんでしょう。肌には良くありません。海外ではブラジリアンワックスという物がありますが、自己流で行うと危険です。そして日本人の身体に合うかどうかも疑問ですから、もし利用するのなら少しの範囲から開始してみて下さい。

 

 

以上が私が実際にやっていた自己処理です。今は脱毛サロンのおかげで自己処理から解放され、ツルツルの素肌を楽しんでいます。あの自己処理の日々には絶対に戻りたくありません。

 

個人的には、やはり電気シェーバーは1個持っておくと便利です。脱毛サロンとの契約が終わってからでも、ちょっと気になる箇所をささっと処理できるので、今でも大活躍しています。