脱毛サロン|途中で解約できる?

解約条件の確認は重要です

脱毛の契約をしたはいいけれど、やっぱり解約したくなっちゃった!なんてケースは結構ある事です。

 

元々乗り気ではないのに勢いで契約してしまい、後でゆっくり考えたら解約したくなったなんて場合や、施術途中だけど海外に転勤になって、解約するしか選択肢がなくなってしまった場合など、事情はそれぞれですが「解約」という選択を余儀なくされるケースは少なくありません。

 

 

その際に、果たして満足いく解約が出来るでしょうか?双方の言い分が食い違い、思わぬトラブルに発展する可能性もあります。脱毛サロンとトラブルになると後々面倒ですし、結果的に自分の思い通りになっても労力を使う事は間違いありません。

 

 

そして何とも言えない様な後味の悪い気持ちが残るでしょう。そうなるのを防ぐ為に、脱毛に興味を持った時点で解約についてもしっかりとリサーチしておくと良いですね。

 

 

気を付けてほしいのは、各脱毛サロンによって解約の規定が違う事です。

 

 

お得なキャンペーンに惹かれて安易に契約しても、解約手数料がとてつもなく高かったら損をする事になります。特に海外に転勤する可能性が少しでもある場合は、カウンセリングの際に解約についてしっかりと確認しておく事です。

 

 

ここからは脱毛サロンの解約について、もう少し詳しく説明していきます。

脱毛サロンの解約で、まず挙がるのが「クーリングオフ」という言葉です。
クーリングオフを直訳すると“頭を冷やす”になります。

 

つまり、頭を冷やして冷静に考え直す期間を消費者に与え、一定期間であれば無条件で契約を解除する事が出来る特別な制度です。

 

これは良い制度ですね!脱毛以外にも、例えばマルチ商法に引っかかってしまって契約を解除したい場合とか、浄水器の購入を勧められて契約してしまい解除したい場合とか、結構このクーリングオフが活用されています。

 

 

私の友達がエステの勧誘に断り切れず契約してしまい、後で行政書士に相談してクーリングオフを提案してもらい事なきを得ました。

 

 

しかし行政書士に相談すると相談料などを支払わなければいけない可能性があります。

 

まずは消費者センターに電話して相談すると良いと思います。そして今ではネットで情報を仕入れる事が出来ますから、ネットでクーリングオフについて調べてみるのも良いでしょう。

 

 

ここで少しクーリングオフについて説明しますが、クーリングオフとは契約後8日以内であれば解約が可能であり、契約金額を全額返金してもらう事の出来る制度です。

 

 

クーリングオフは法律で定められている為に、クーリングオフを提示された企業側が拒否する事は絶対に出来ません。脱毛サロンが拒否する事も不可能となります。そして手続きの際に足を運ぶ事もなく電話での会話も必要ありません。書面での通知だけで良いので、とても簡単です。解約する理由を告げる必要性がないのも有難いですね。

 

但しこの3つの条件があります。

 

※契約から8日以内である事
※契約の期間が1ヵ月以上である事
※契約金額が5万円以上である事

 

つまりグダグダ悩んで2週間とか経ってしまった場合、クーリングオフ対象外となってしまいます。

 

脱毛の期間は長いので1ヵ月以上かかります。契約期間1ヵ月以上という条件は必然的に満たされます。最後の契約金額5万円以上という条件ですが、最近の脱毛サロンは価格競争でとても安く脱毛できる様になりました。キャンペーンなどで分部脱毛を契約した場合、もしかしたら契約金額が5万円に満たないかもしれません。

 

 

 

この場合対象外となってしまいます。全身脱毛だと必ず5万円を超しますから、対象となりますね。先程も記載しましたが、クーリングオフを行うのに行政書士や弁護士等に頼む必要はありません。行政書士に頼んだ場合、最低でも5,000円〜10,000円程度支払う事になります。しかし実際はハガキ1枚で済む事ですから、是非ネットなどで検索して自分で行いましょう。

 

クーリングオフ外の途中解約に関して

次に、途中まで脱毛を施術したけど解約したくなった場合や、先程のクーリングオフの期間が過ぎて適応されなかった場合などは、途中解約となります。クーリングオフとの違いは手数料が発生してしまう事です。

 

 

「解約するだけで手数料が発生するなんて!」と憤りを感じる人もいますが、中途半端に解約するという事は、契約者側にも非があると解釈するしかありません。途中解約について、法律で定められている上限をここで説明します。

 

※施術を受ける前ならば2万円
※施術を受けた後ならば、「既に施術を受けた料金」+「2万円又は残金の10%に相当する額のいずれか低い額」

 

クレジット(ローン)で支払し、支払が完了していない場合は手数料が発生します。支払をした全額から手数料や施術回数を差し引いた残金が振り込まれる形となります。

 

ちょっと分かりずらいですし、あくまで法律上の規定です。各脱毛サロンによって決まりが違いますし、良心的なサロンなら全額返還というケースも・・無きにしも非ずです。←しかしほとんどのサロンが、途中解約で全額返還とはいかないでしょう。

 

 

とにかく無料カウンセリングでしっかりと解約について聞く事!引っ越しや転勤の可能性があるならなおさらです。だって契約の相談でいきなり解約の事を聞くなんて・・と躊躇する人もいますが、受け身では損をします。

 

 

 

もし解約について相談したとして、その際にスタッフの顔色が変わったら、はっきり言って粗悪サロンの可能性があります。心の底から安心して契約し、脱毛に臨みたいですよね。その為には、ちょっとタブー?と思われる解約について、どんどん聞いちゃいましょう。