ダメな脱毛エステの見分け方知ってます?

数あるエステからハズレを引かないようにするには・・

多くの脱毛サロンが新規オープンしており、勢いに乗って店舗を増やしています。

 

予約が取れない程賑わうサロンもあり、どの脱毛サロンを見てもその人気はうなぎ上りの様に見えます。

 

しかし一方では、倒産の危機に晒されている脱毛サロンの存在も多いのが事実です。

 

 

もし倒産寸前のサロンで契約してしまった場合、どうなるのでしょう?おそらく大手サロンの場合、倒産しても別会社が買い取る形で営業すると思います。しかし先払いしている脱毛コースの方が金額を多く支払っていた場合、差額は戻ってくるのでしょうか。残念ながら即座に全額戻ってくる事はないと言えるでしょう。

 

 

個人経営の脱毛サロンの場合、下手すれば脱毛が中途半端に終了してしまい、料金の返金もない可能性があります。いわゆる“泣き寝入り”というやつです。せっかく綺麗になる為にワクワクして契約したのに、結果がこれでは怒りしか残りません。それでも泣き寝入りするしかないのが現状なのです。こんな結果にならない為に、ダメな脱毛サロンの見分け方を事前に把握しておく事が重要です。

 

 

もし倒産しない大手サロンであっても、自分が嫌な気持ちになる様なサロンにはお任せしない方が良いです。

 

 

脱毛サロン選びで後悔しない様、ダメサロンの特徴を勉強してから行動に移しましょう。

 

以下のポイントでコレは!と思ったら考え直してもいいかも知れません

勧誘が強引すぎる

脱毛エステと契約する前に、必ずカウンセリングがあります。この際気を付けたいのが勧誘の存在です。以前のエステでは勧誘が当たり前でしたが、時代は変わりました。「私どものサロンは強引な勧誘を一切致しません」と宣言した方が、感じが良いサロンとして顧客が集まりやすいからです。ネット社会になり、誰でも簡単に「あの脱毛サロンは勧誘が酷い」と書き込みが出来る様になったのも、勧誘を控えた理由の1つになります。

 

 

どのサロンも自分の株を下げたくありませんから、下手な勧誘はしなくなりました。しかし悪質なサロンは未だに勧誘が根付いています。料金の話になると違うスタッフが現れ、顧客1人に対し2.3人で勧誘してくる場合があります。断るとキレるスタッフ、「この金額で契約できるのは今だけです、家に帰ってからお電話で契約などは出来ません」など、即座に契約する事を要求してくるサロン、金銭的に無理と断っても「ローンを組めば大丈夫」とごり押ししてくるサロン。これらとの契約は、とりあえず止めておきましょう。後で家に帰って冷静に考えた方が身の為です。でも家に帰ってからの電話契約は無効と言われたし・・それならそれまでの話です。そのサロンとは縁がなかったと諦めて下さい。

 

 

但し優良サロンでも多少の勧誘はある様です。他の脱毛箇所を紹介されたり、キャンペーンの紹介をされたり。この場合「今は考えておりません」ときっぱり断ってみると良いです。優良サロンならその後にくどくど勧誘しませんから、そこを見極めましょう。

 

カウンセリング自体存在しない、又は料金が発生する

@で記載した様に、大抵の脱毛サロンは契約前にカウンセリングを行います。もちろん無料です。しかし、稀にいきなり契約を要求するサロンがある様です。カウンセリングなんて必要あるの?と疑問に思う人もいる様ですが、大いに必要あります。カウンセリングでは脱毛箇所や料金プランの相談をします。もし肌が弱い場合、パッチテストといって実際に脱毛してもらう事も可能です。色が黒い人もパッチテストを行った方が良いと思います。

 

顔脱毛の場合は、ほくろやシミの位置など入念に相談した方が良いです。Vライン脱毛の場合は、形や痛みなどしっかり相談して下さい。デリケートな場所ですから、納得いくまで話し合った方が自分の為です。カウンセリングは大体1時間位ですから、この時にサロンスタッフさんの雰囲気を自分で見極める事が重要です。

 

ネットでの公式サイトは良い感じだったのに、実際にサロンへ赴いたらこんな筈じゃなかった・・とガッカリする人は結構います。優良サロンでも相性があるのですから、脱毛サロンのカウンセリングはとても重要なのです。それなのにカウンセリングなしでいきなり契約するサロン、これは悪質極まりないと言って良いでしょう。カウンセリングに料金が発生するのも考えものです。

 

HP上での脱毛料金、脱毛期間が不明瞭

大手脱毛サロンのHPを観覧すると分かるのですが、脱毛料金が明確に記載されています。脱毛期間も明確であり、2年コースや6回コース、脱毛終了コースなど、しっかりと記載されている筈です。料金の記載がなかったり脱毛期間が不明瞭な場合、粗悪サロンの可能性があります。

 

カウンセリングで莫大な脱毛料金を提示され強引な勧誘を断れず契約という、粗悪サロンにとって最も有難い“カモ”になりがちです。又はHPが存在しないサロンも考え物です。存在させる事が出来ない理由でもあるのか、その為のお金すら惜しいのか。どちらにしても危険な臭いがしますので、関わらない方が良いと思います。

 

サロンの雰囲気が良くない、受付スタッフやエステティシャンが×

カウンセリングの際に是非確認してほしいのが、サロンの雰囲気です。床に埃が落ちまくっていないか、スタッフの数が足りずにバタバタしていないか、エステティシャンと思われる方達の身なりが派手すぎないか。脱毛といわずとも、エステサロンは綺麗になりたい人が集う場所です。それなのにサロン自体が汚いのは絶対にNGです。そして施術するエステティシャンが派手すぎてもいけません。爪が長すぎる人、派手なネイルをしている人、ばっさばさな付けまつげ、髪を下ろしている。こんなエステティシャンを自由にのさばらせているサロンは、お客様目線で経営していません。

 

 

逆にエステティシャンのムダ毛がボーボーなのも考え物ですし、容姿が酷過ぎるのもちょっとおかしいです。エステティシャン達のつるすべ肌を見て「こんな風になりたい!」「この人を目標に頑張ろう!」と思うお客さんは多いですから、志の高いエステティシャンが集結しているサロンを選択して下さい。カウンセリングの際に言葉遣いが悪いスタッフと当たったら、いくらそのサロンが魅力的でも避けた方が無難です。スタッフの教育がされていない脱毛サロンは危険です。その程度のサロン、もしくはスタッフ教育どころではない破綻寸前のサロンかもしれません。