脇脱毛をしてる女性は多い?年代別脱毛率を調べました

今や脇脱毛は当たり前になりつつある?

最近では、脱毛サロンに通う年代の幅が広がりつつあります。一昔前の脱毛率は、ワキだけで考えても若い女性が中心でした。

 

 

理由は2つ、1つは若い女性のみムダ毛を気にする機会が多かった事。

 

 

2つはOLなどの働く女性が自由に使えるお金を所持でき、高額な脱毛サロンでも通い詰める事が出来た事。しかし最近の年代別脱毛率は変化しつつありあます。ワキのみに絞り込むとして、昔は30代女性の脱毛率が断トツでナンバーワンでした。

 

 

 

ある程度自分で稼ぐ事が出来、初めてワキ脱毛に踏み込む事が出来るのがこの年代だったのです。そしてファッションにも気を使いますし、大人の女性としてのたしなみも必要です。せっかく大人っぽいノースリーブの服をさらりと着たところで、ワキのムダ毛がお目見えしたら最悪です。

 

 

それゆえに稼いだお金を脱毛に注ぎ込み、大人としてのたしなみをしっかりとキープしたのがこの年代でした。

 

 

しかし最近では、20代女性の脱毛率が30代の脱毛率を追い越す事態が発生しています。

 

若い女性でも脱毛は当たり前のエチケットになっているのです。最近の脱毛サロンは、競争化に伴って価格が急激に下がっています。ワキで例えるならば、初めての場合500円以下で何度でも通いたい放題です。

 

 

これならOLではないフリーターでも、学生だってお小遣いで脱毛が可能です。一昔前の様な、しっかり自分で稼いでいる女性のみが通う事が出来る。

 

 

こういう感覚ではなくなっているのですね。そして昔なら30代の大人女性が最も容姿を気にしていたのに対し、最近では20代女性が美に敏感です。勿論30代も美に対する姿勢は強いものの、アイドルグループや読者モデルの影響で、20代のうちにワキを奇麗にしておくのは当たり前というスタンスになりつつあります。

 

 

 

私自身も、初めてワキ脱毛したのは20歳の時でした。レーザー脱毛で当時10万円という、今ではかなり高い価格で施術しています。

 

 

それでもやはり後悔はしていません。むしろ10代のうちに済ませておけば良かったと思っています。

 

 

そう、近年の脱毛率の特徴として、10代のワキ脱毛率もぐんぐん上がってきており、30代の脱毛率に並ぶ勢いです。

 

 

その理由は20代の脱毛率が増加しているのと同様で、アイドルグループなどの影響で若いうちにワキの手入れをする女性が増加している事。そして脱毛サロンの価格が、特にワキに関しては価格が下がっている事です。

 

 

500円以下で脱毛可能なら、10代の女性でも気軽に契約する事が出来ます。
しかしサロンによりけりですが、未成年の脱毛は親の同意書が必要な場合が多いですし、生理が安定してホルモンバランスが整っている事が条件になります。

 

 

親の同意があれば堂々と脱毛できますから、是非親に相談してほしいです。私の親は脱毛反対派だったので、20歳まで待ちました。この制度がなくなれば、きっと10代の脱毛率が一気に30代を追い抜くと思われます。

 

 

年代別ワキ脱毛率の1位が20代、2位が30代、3位が10代ときたら、4位は・・?40代がここで食い込んできました。

 

 

昔の感覚だと、「40代にもなればもう脱毛なんてしなくても良いのに〜」です。「何故この歳になってから脱毛サロン?もう散々ワキの自己処理しているのだから、このままでも良いのに〜」との考えも否定できません。しかし最近では晩婚化が目立ち、40代になって婚活を始める女性が多いのが現状です。

 

 

婚活を頑張っているのにワキのムダ毛が生えっぱなしでは話になりません。

 

 

 

身だしなみをしっかりとしておかなければ!そう考えて脱毛サロンに駆け込む女性が増えているのです。では5位は・・なんと一桁の年齢層が5位です。ある脱毛サロンでは7歳から脱毛可能ですし、キッズ脱毛に通う小学生も結構います。

 

 

親子で通うと割引になると謳っているサロンもあり、キッズ脱毛は結構人気があるのです。10代と同じく親の同意が必要ですが、この歳なので親子で通う事になるでしょう。

 

 

 

生理が安定していない事が考えられますので、またムダ毛が生えてくる可能性は否めません。しかしキッズダンスの流行りも手伝って、小さいうちからワキの処理をしっかりとしておくというスタンスの親子は増加しているのです。最後に6位ですが、50代の女性です。

 

 

 

この年代からワキ脱毛を開始する理由として、スポーツジムです。マダムがゆったりスポーツジム・・こんなに優雅なのにワキのムダ毛があったら台無しです。

 

 

しかも年代が年代なだけに、ちょっぴり高価なサロンと契約する傾向があります。さすが50代!もしかして一番パワーがある年代なのかもしれません。